• FX
  • 注意する取引
  • 逆指値注文やマージンカットについて

注意する取引

逆指値注文やマージンカットについて

週末だけに限らず日々国内外の各種要因(国内要因では政局・選挙・日銀介入・決算期等、国際要因では国際紛争・大統領選挙・貿易摩擦・各種経済指標発表等)や突発的な出来事の発生によっても、マーケットは正常な取引環境とはいえない非連続性の為替変動が起こりえます。 逆指値注文やマージンカットなどは、平常の市場環境でない場合には、予想もしていなかったレートで約定する可能性があります。逆指値注文やマージンカットなどは、必ずしも特定レートで約定する取引注文ではない(保障いたしかねます)ことを十分理解しないままに、経済指標発表前に逆指値注文等を設定される取引手法は、当社はお薦めいたしません。

 

 

お知らせ

 

TOKYO PRO Marketといえばフィリップ証券