• FX
  • 通貨の特徴
  • 米国ドル:USD

通貨の特徴

米国ドル:USD

通貨の特徴:米国ドル 戦後米国と共に歩んできた日本にとって、米ドルは世界の基軸通貨として一番なじみのある通貨でしょう。米国が1971年に“金本位”制度を廃止して以来、強いドルの歴史も終止符を打ちました。1999年のユーロ導入当時こそ米ドルは買われましたが、それ以降凋落の一途をたどっており、ユーロがまるで米ドルに代わって基軸通貨の道を歩んでいるかのようです。有事のドル買いも昔の話となり、2008年のいわゆるリーマンショックではその後3か月で対円で約20円の下げを記録、また2011年の東日本大震災後にも大きく下落し対円での史上最安値75円台を記録しましたが、日銀による断続的な円売りの為替介入とその後のアベノミクスにより2014年には100円台を回復しています。

GDP16兆2千億ドル
一人当たりのGDP50,700ドル
人口3.19億人

引用元:IMFデータベース(※統計はすべて2013年)

 

 

お知らせ

 

TOKYO PRO Marketといえばフィリップ証券