• FX
  • 通貨の特徴
  • 香港ドル:HKD

通貨の特徴

香港ドル:HKD

通貨の特徴:香港ドル 1997年にイギリスから中国へ返還され中国の特別行政区となりましたが、その後も独自の経済圏・文化圏を形成し、2018年にアメリカのシンクタンクが公表した世界都市ランキングにおいて5位(1位ニューヨーク、2位ロンドン、3位パリ、4位東京)と評価され、世界トップレベルの金融センターとされています。
香港ドルとしては1983年以降、米ドルとのペッグ制を敷いており目標相場圏制度が2005年に導入されある程度の変動が容認されたものの1USドル=7.75~7.85HKドルとなっていて、米ドル以外の通貨に対しては、基本t系に米ドル相場の動きと連動する動きを見せることになります。

GDP3千4百億ドル
一人当たりのGDP46,109ドル
人口748万人

引用元:JETROデータベース(※統計はすべて2018年)

 

 

お知らせ

 

TOKYO PRO Marketといえばフィリップ証券