• FX
  • 通貨の特徴
  • 英国ポンド:GBP

通貨の特徴

英国ポンド:GBP

通貨の特徴:英国ポンド 英国ポンドは米ドル以前の基軸通貨として知られています。高金利通貨の一つで、変動の大きさとその動きの速さから、投資家に最も人気のある通貨といえます。「英国病」とまで言われ、経済の低迷にも関わらず高金利政策を続けていたのが、人気の要因かもしれません。しかし、低迷していた英国経済もサッチャー政権がターニングポイントとなり、先のブレア政権下では200年ぶりとまで言われる長い経済成長を実現し、ブラウン政権を経て現在のキャメロン政権においても高い経済水準を維持しています。これを背景に、現在では1ポンド=1.5ドルから1.7ドルの高値で推移しています。EUに加盟している英国が将来ユーロを導入するかどうかも気になるところです。

GDP2兆3千7百億ドル
一人当たりのGDP37,000ドル
人口64百万人

引用元:IMFデータベース(※統計はすべて2013年)

 

 

お知らせ

 

TOKYO PRO Marketといえばフィリップ証券