• FX
  • 通貨の特徴
  • 欧州ユーロ:EUR

通貨の特徴

欧州ユーロ:EUR

通貨の特徴:欧州ユーロ 欧州の共同体EUは1993年11月マーストリヒト条約により発足。その通貨ユーロは1999年に欧州11カ国(ベルギー、ドイツ、スペイン、フランス、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、オーストリア、ポルトガル、フィンランド)の統一通貨として発足しました。
2001年1月よりギリシャが加盟し、2002年1月よりユーロ紙幣、硬貨が導入されました。硬貨の片面のデザインが国によって異なります。
その後、最近では2011年のエストニア、2014年のラトビアに続き2015年にはリトアニアで導入され現在は25の国と地域で採用されています。
通貨としてのユーロの導入国は以下です。
(オーストリア、ベルギー、キプロス、フィンランド、フランス、ドイツ、エストニア、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポルトガル、スロベニア、スロバキア、スペイン、ラトビア、リトアニア、アンドラ、コソボ、モナコ、モンテネグロ、サンマリノ、バチカン)
ユーロ総体として世界の約2割を占めるという経済力から買われやすい反面、アイルランド危機やギリシャ危機といったことを経験したのみならず火種としてくすぶっている欧州移民問題もあるという脆さも併せ持っている通貨と言えます。

GDP15兆8百億ドル
一人当たりのGDP36,7000ドル
人口5.12億人

引用元:JETROデータベース(※統計はすべて2018年)

 

 

お知らせ

 

TOKYO PRO Marketといえばフィリップ証券