• FX
  • 初心者コンテンツ
口座開設/ログインはこちら

初心者コンテンツ

移動平均線

FXチャート:移動平均線の特徴
  • 相場のトレンドをつかむのによく利用される。
  • 一般的に順張り指標として利用される。
  • 日足では、5日、25日、75日がよく使われる。
  • 週足では、13週、26週、52週がよく使われる。

移動平均線とは、一定期間の終値の平均値を結んだものです。一般的に移動平均線が上向きに転換したら「買い」、下向きに転換したら「売り」と言われます。

また、期間の異なる複数の移動平均線を用いて売買サインを出す方法もあります。短期移動平均線が長期移動平均線を上抜けする「ゴールデンクロス」と短期移動平均線が長期移動平均線を下抜けする「デッドクロス」と呼ばれるもので、「ゴールデンクロス」は買いサイン、「デッドクロス」は売りサインと考えられることが多いです。

この際、短期の移動平均は、長期の移動平均に比べて早く、売り・買いのサインが出やすい反面、誤ったサイン(通称「ダマシ」)が出やすい傾向にもある点に注意が必要となります。

この他に、価格が上昇している時は、移動平均線がサポートライン(下値支持線)、価格が下落している時は、移動平均線がレジスタンスライン(上値抵抗線)と考えられる事も多いです。

取引の仕組み

外国為替証拠金取引は、取引金額の一部を「証拠金」として預けることで、「証拠金」の数倍から数百倍の「外国為替」を売買できる金融商品です。
外貨預金の場合、通常外貨を購入しその通貨が値上がりすることでしか利益を得ることができませんが、証拠金取引では、外貨を「買う」ことによる値上がり益の他、「売り」から取引を開始して値下がり益を得ることができます。また、外貨預金と同様、高金利通貨を買うことにより金利を受け取ることができます。逆に、高金利通貨を売った場合には、金利を支払わなければなりません。

スワップ金利

通貨間には金利差があるため、外国為替証拠金取引ではスワップ金利が発生します。
ポジションを保有しつづける間、ニューヨーク時間17時の時点でロールオーバー(決済の繰り延べ処理)が行われ、スワップ金利が発生します。
(注)上記は一例で実際の金利は異なります。スワップ金利は日々変動します。

人気を集める外貨投資

低金利が長く続く日本で注目されてきたのが外貨投資です。
外貨預金、外貨建てMMFなどもありますが、24時間リアルタイムで為替レートの更新がされる外国為替証拠金取引もその一つとして注目を集めています。
外国為替市場は、ニュージーランドのウェリントン市場から始まり、東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と24時間、常に各国の経済事情を先取りしながら動き続けています。

売買利益を獲得

ミニ口座で1万ドルの売買をした場合
ドル高(円安)局面を期待
説明
為替差益 (110円-108円)×1万ドル=20,000円
スワップ金利 158円(1万ドル当たり)×5日間=790円
取引手数料 0円
為替差益 + スワップ - 手数料
運用益 = 20,000 + 790円 - 0円 = +20,790円
(注)スワップ金利は日々変動します。>
上記は参考値です。
また、為替レートが逆方向に動くと損失が発生します。
ドル安(円高)局面を期待
説明
為替差益 (110円-108円)×1万ドル=20,000円
スワップ金利 158円(1万ドル当たり)×5日間=▲840円
取引手数料 0円
為替差益 - スワップ - 手数料
運用益 = 20,000 - 840円 - 0円 = +19,160円
(注)スワップ金利は日々変動します。
上記は参考値です。
また、為替レートが逆方向に動くと損失が発生します。

フィリップ証券の取引システム

経験ある個人投資家やファンドマネージャーの皆様に、様々な種類の取引にも対応できるように、フィリップ証券では,最適な取引環境を持つ取引システムを提供しております。
全てがオンラインでリアルタイム資産管理、ポジション管理ができ、フィリップ証券からの自動配信ニュース情報も簡単に取り入れることができます。また多彩なテクニカル分析ツール機能付きのチャートシステムにより、投資目的に応じた戦略が可能となり、皆様の分析力を飛躍するパートナーとして情報を提供して参ります。

FX(外国為替証拠金取引)の魅力

レバレッジを活用し、少額の資金から始める事が可能(資金効率が高い)

FXは他の投資に比べ圧倒的に、少額の資金で始めることが可能になっている投資方法と言えます。それは、FXには「レバレッジ」と言う仕組みが有る為です。レバレッジを効かすことによって元手の資金より大きな取引をすることができ、大きな利益を得る事も可能になる為、非常に資金効率が高い投資が可能な投資方法とも言えます。

円高でも利益を獲得できる(売りからでもOK!)

外貨預金や外貨建てMMFは外貨を「買う」取引です。つまり購入時より円安にならないと為替差益は得られません。外国為替証拠金取引の場合は、「買い」だけでなく「売り」からの取引スタートが可能です。ですからドル安(円高)局面でも、まずドル売りをして、ドル安(円高)になった時点でドルを買い戻して、利益を獲得することができます。

24時間スムーズかつ敏速に取引可能!

当社は、24時間常にインターバンクレートに近い売値と買値を同時に提示します(2wayプライスといいます)ので、お客様は公正なお取引が可能です。当社は、注文の発注から執行までの時間が数秒で完了でき、プロのディーリングにも対応し、指標発表時にも安定した取引ができると好評を博しています。お客様の快適なお取引を可能にするよう、安定かつ迅速な取引システムを提供しています。

万が一のときも、皆さんの資産は銀行が守ってくれます!
万が一倒産しても顧客の資産は銀行から返却されます。
このことを信託保全と言います。安心してお取引をするために、信託保全の有無はFX業者選びの最大のポイントでもあります。
店頭外国為替証拠金取引「フィリップMT5」は、金融商品取引法に規定される店頭金融先物取引です。店頭外国為替証拠金取引(FX取引)は、金利や通貨の価格の変動により損失が生ずることがあります。多額の利益が得られることがある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。元本あるいは利益を保証するものではなく、相場の変動によりお客様が差し入れた証拠金以上の損失が生ずる場合がございます。したがって、取引を開始する場合または継続して行なう場合には、取引の仕組みやリスクについて十分に研究し、自己の資力、取引経験及び取引目的等に照らし、ご自身の判断でお取引をしていただきます。