• FX
  • チャートの種類
  • ストキャスティクス

チャートの種類

ストキャスティクス

FXチャート:ストキャスティクスの特徴
  • 「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」といった相場の過熱感を表わす指標。
  • 一般的に逆張り指標として利用される。
  • 80%以上、または20%以下での売買サインが有効。

ストキャスティクスは、相場上昇局面では、終値がその期間期間中の上限付近になることが多く、逆に相場下落局面では、終値がその期間中の下限付近になる事が多いという傾向に着目し計算された指標です。

ストキャスティクスは、%Kラインと%Dラインという2つのラインで表わされ、レンジは0%から100%です。

分析方法としては、D%ラインで70%以上が「買われ過ぎ」、30%以下が「売られ過ぎ」とされ、80%以上で反転下落や20%以下での反転上昇は、有効な売買サインと考えられています。

また、ストキャスティクスには、スローストキャスティクスと呼ばれるものがあり、長期間のチャート分析によく使われます。

 

 

お知らせ

 

TOKYO PRO Marketといえばフィリップ証券