株価指数先物取引の魅力

投資対象が日本経済を象徴する - 日経平均株価

今後の日本経済はどうなると思いますか?
日経225先物取引なら買いだけはなく売りからもエントリーできるので、将来株価が下がると予想した際、先に売って買い戻すことができます。日本で暮らす私たちにとって、日本経済の象徴である日経平均株価はとても重要な指標です。日経225先物取引で楽しく取引しませんか。

様々なメディアからの情報取得が可能

取引画面だけではなく、テレビ、ラジオ、インターネット、雑誌、新聞、あらゆるメディアから情報収集することができます。例えば、ニュース番組ひとつ見ても必ずと言って良いほど日経平均について触れています。また、新聞を開いてその日の日経平均株価の記載がない新聞はほぼ皆無です。国会中継や週刊誌などからも色々な情報取得が可能です。

流動性が高いのも魅力

最も取引量の多い日経225miniの1日の取引高約70万枚以上、その額は1兆円を上回るものスケールです。(※2013年10月現在)株式、債券、商品など様々な金融商品が取引所を通じて売買されていますが、注文は相対する注文があって初めて成立します。簡単に言うと、「成行で買いたい。」と言っても「売っても良いよ。」という人が現れなければ、取引は成立しません。1日平均70万枚以上という莫大な取引高を誇る日経225miniならば、そのようなリスクを取引高が少ない商品よりも抑えることができます。

レバレッジ効果で少ない資金で大きな取引ができます

日経225先物取引はFX(外国為替証拠金取引)同様証拠金取引です。100,000円未満の証拠金で100万円以上の取引ができるので非常に資金効率よく運用することができます。少ない金額で大きな利益を狙うこともできますが、それと同じだけのリスクを負っていますので、リスクマネジメントを行いながらの運用が必要です。

 

お知らせ

 

すばトレ! オンライン先物取引

お問い合わせ先
call 0120-881-104

すばトレ!ログイン

各種ブラウザ対応 : HTML5版 (推奨環境
高性能チャートツール : Trading View 搭載

TOKYO PRO Marketといえばフィリップ証券