• FX
  • 通貨の特徴
  • ニュージーランドドル:NZD

通貨の特徴

ニュージーランドドル:NZD

通貨の特徴:ニュージーランドドル 英国連邦コモンウェルスの仲間で豪州の右隣に位置するニュージーランド(NZ)と豪州では二国間の移動が自由であり、ほとんど一つの国といっても過言ではありません。国旗もどちらがどちらかわからないくらい似ており、二国の通貨は共に「高金利通貨」、「資源国通貨」といわれ動きもよく似ているのが特徴といえます。NZドルが豪ドルに連動している理由は、地理的に近いこと、豪州が最大の貿易国であること、などが挙げられています。NZの経済状況は、豪州同様、政府の財政状況とともに非常に良くなっていて、失業率は2004年7月から現在に至るまで3.6~3.9%の範囲に収まっており、OECD諸国の中で最も低い国の一つです。 現在長期国債格付けが最高水準のAAA(S&P社)となっているのは、農業国から工業国へ、小さな政府を目指した20年に及ぶ構造改革の成果でもあります。NZドルは、金融市場が小規模のため値動きの幅が大きいのが特徴といえます。

GDP1千億ドル
一人当たりのGDP21,800ドル
人口4.5百万人

引用元:IMFデータベース(※統計はすべて2013年)

 

 

お知らせ

 

TOKYO PRO Marketといえばフィリップ証券