一般大豆の商品概要

料理の基本「さしすせそ」ご存知ですか?このうち最後の2つ、せ:せうゆ=醤油と、そ:味噌はどちらも大豆が原料となっており、それほど昔から日本人の生活に深く入り込んでいる大豆。しかし、現在ではそのほとんどを輸入に頼っており、自給率はほんの数パーセント。年間約300万トンを輸入しています。そのため、国内の消費動向はもちろんのこと、海外の取引所での価格動向や、為替相場の変動が重視されます。

その他、生産農家の意向も価格に影響を及ぼすとされています。これは大豆が生産される地域ではトウモロコシも同様に生産されており、トウモロコシから大豆への転作、またはその逆が作物の価格によって起こりうるためです。

東京一般大豆先物取引の概要

取引の種類現物先物取引
呼値1t
呼値の単位10円
取引単位1枚=25t
倍率25倍
値動きと損益10円で±250円
取引時間日中立会 8:45~15:15
夜間立会 16:30~翌日5:30
帳入値段通常日:終値
当月限納会日:日中立会における加重平均(VWAP)
建玉制限20枚(売り買いの合算、各限月ごと)
取引最終日納会日の前々週の金曜日
(金曜日が休日の場合は前営業日)

 

お知らせ

 

すばトレ! オンライン先物取引

すばトレ!ログイン

全ブラウザ対応(HTML5版)

高性能チャートツール Trading View 搭載

不具合があった場合は下記にご連絡下さい
カスタマーサポートチーム

0120-881-104

IEのみ対応(Silverlight版)

今夏をめどに新システムへ移行し提供終了予定

TOKYO PRO Marketといえばフィリップ証券