金(標準)の商品概要

金先物は、取引所に上場されている商品の中でも、もっとも身近なモノの一つです。古来は、貨幣と同様の意味を持つ通貨や資産として流通することもありましたが、管理通貨制度が確立された現在では、「記念金貨」などでその名残りを残すのみです。

主な用途はジュエリーやアクセサリーなど装飾品が約8割、それに続いて工業品用。対する供給は、金といえば南アフリカ!と連想されがちですが、それは十年以上前のお話で2017年の統計では中国が世界生産第一位で、次いでオーストラリア、ロシア、アメリカ、カナダという生産上位5か国となっています。

金先物取引(標準取引)の概要

取引の種類現物先物取引
呼値1g
呼値の単位1円
取引単位1枚=1kg
倍率1,000倍
値動きと損益1円で±1,000円
取引時間日中立会 8:45~15:15
夜間立会 16:30~翌日5:30
帳入値段通常日:終値
当月限納会日:日中立会における加重平均(VWAP)
建玉制限100枚(売り買いの合算、各限月ごと)
取引最終日納会日の前々週の金曜日
(金曜日が休日の場合は前営業日)

 

お知らせ

 

TOKYO PRO Marketといえばフィリップ証券