金(ミニ)の商品概要

金ミニ先物取引は、標準品での取引が1kg(1000g)を1枚とした取引なのに対して、10分の1の100gを1枚とした取引です。取引単位が10分の1ということで証拠金も10分の1となり少額から金先物取引に参加できる点が最大の魅力です。

2007年に東京商品取引所に上場された比較的新しい商品ですが、標準品の金先物との価格差に着目した取引が活発に行われるなど注目を集めています。

金先物取引(ミニ取引)の概要

取引の種類現金決済先物取引
呼値1g
呼値の単位1円
取引単位1枚=100g
倍率100倍
値動きと損益1円で±100円
取引時間日中立会 8:45~15:15
夜間立会 16:30~翌日5:30
帳入値段金標準取引の帳入値段と同値
建玉制限1,000枚(売り買いの合算、各限月ごと)
取引最終日標準取引の当月限最終日の前営業日

 

お知らせ

 

TOKYO PRO Marketといえばフィリップ証券