白金の商品概要

白金(プラチナ)といえば?思い浮かぶのは何でしょうか?用途として、自動車の排出ガス用の触媒やコンピュータ用のハードディスクをはじめ、最近では燃料電池車の電池用に使用されています。また、ガラスの製造工程に不可欠な存在となっており、21世紀の生活には欠かせない金属です。

南アフリカ共和国が世界供給の74%を占めており、同国の政策や政情に反応して値動きが起こりやすく、また鉱山会社と労働者の間で毎年夏に行われる労使交渉の行方も変動要因として例年注目されています。

2018年現在、東京商品取引所(TOCOM)でのプラチナの先物取引としては白金先物取引(標準取引)の他に5分の1の倍率、証拠金で取引できる白金ミニ先物白金限日先物(プラチナスポット)が上場されており、取引スタイルに合わせた白金先物取引を行うことができます。

白金先物取引(標準取引)の概要

取引の種類現物先物取引
呼値1g
呼値の単位1円
取引単位1枚=500g
倍率500倍
値動きと損益1円で±500円
取引時間日中立会 8:45~15:15
夜間立会 16:30~翌日5:30
帳入値段通常日:終値
当月限納会日:日中立会における加重平均(VWAP)
建玉制限100枚(売り買いの合算、各限月ごと)
取引最終日納会日の前々週の金曜日
(金曜日が休日の場合は前営業日)

 

お知らせ

 

すばトレ! オンライン先物取引

すばトレ!ログイン

全ブラウザ対応(HTML5版)

高性能チャートツール Trading View 搭載

不具合があった場合は下記にご連絡下さい
カスタマーサポートチーム

0120-881-104

IEのみ対応(Silverlight版)

今夏をめどに新システムへ移行し提供終了予定

TOKYO PRO Marketといえばフィリップ証券