白金(限日取引)の商品概要

東京商品取引所に上場されている商品で最も新しいものがこの白金限日取引です。金限日取引と同様に、現物の商品をベースにしながら、保有可能な期日が設けられることなく、建玉が自動的に翌日に持ち越される決済期限のない取引となります。

金や白金のミニ取引との大きな違いがないように思われがちですが、白金限日取引の登場によって金と白金での商品間SCOが登場し、2つの商品の値段の差を利用した取引がさらに注目されることとなりました。

白金限日取引(プラチナスポット)の概要

取引の種類即日現金決済先物取引
呼値1g
呼値の単位1円
取引単位1枚=100g
倍率100倍
値動きと損益1円で±100円
取引時間日中立会 8:45~15:15
夜間立会 16:30~翌日5:30
帳入値段金標準取引の1番限月及び6番限月の帳入値段を用いて市場内のフォワードレートを算出し、得られたレートを用いて、その日の1番限月の価格を納会日までの残日数相当分を現在価値に割引いて算出し金限日取引の帳入れ値段とする。
1番限月の納会日については、上記によらず、2番限月及び6番限月の帳入値段を用いて市場内のフォワードレートを算出し、当該フォワードレートを用いて理論現物価格を算出する。
建玉制限1,000枚(売り買いの合算、各限月ごと)
取引最終日なし

 

お知らせ

 

すばトレ! オンライン先物取引

すばトレ!ログイン

全ブラウザ対応(HTML5版)

高性能チャートツール Trading View 搭載

不具合があった場合は下記にご連絡下さい
カスタマーサポートチーム

0120-881-104

IEのみ対応(Silverlight版)

今夏をめどに新システムへ移行し提供終了予定

TOKYO PRO Marketといえばフィリップ証券