先物取引

小豆の商品概要

大豆とともに、日本人に馴染みのある銘柄である小豆。北海道産小豆を対象に取引が行われており、国内産の小豆は海外へ輸出もされていないことから、他の商品に比べて為替変動リスクを受けにくいとされています。しかしながら、国内産のみでは消費量に追いつかず、一部輸入をしているため、中国産の加糖製餡の輸入量の動向に影響されることも。

消費量は8万t前後で近年緩やかに減少していますが、急増または急減も見られないことから消費よりも生産動向に注意が必要で、とりわけ5月下旬の播種(種まき)期から9月下旬の成熟(収穫)期の天候が大きな変動要因となり得ます。

小豆先物取引の概要

取引の種類現物先物取引
呼値1袋
呼値の単位10円
取引単位1枚=80袋
倍率80倍
値動きと損益10円で±800円
取引時間日中立会 8:45~15:15
夜間立会 16:30~翌日5:30
帳入値段通常日:終値
当月限納会日:日中立会における加重平均(VWAP)
建玉制限20枚(売り買いの合算、各限月ごと)
取引最終日納会日の前々週の金曜日
(金曜日が休日の場合は前営業日)

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加 Twitter RSS

TOPICS

  • Now Loading...
フィリップ証券ロゴ フィリップ証券株式会社
本店所在地:東京都中央区日本橋兜町4番2号 TEL:03-3666-2101
足利支店:栃木県足利市田中町32番地10 TEL:0284-73-1191
大阪営業所:大阪市北区天満1-5-2 トリシマオフィスワンビル501 TEL:06-6357-5500
本店別館:東京都中央区日本橋兜町4番3号 兜町ビル3階 TEL:03-4589-3300

金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第127号
商品先物取引業者 登録番号:経済産業省20180404商第1号 / 農林水産省指令30食産第412号
加入協会:日本証券業協会 / 一般社団法人 金融先物取引業協会 / 日本商品先物取引協会