バスケット取引とは

読み方: ばすけっととりひき

多数の銘柄をまとめてバスケット(=かご)に入った1つの商品とみなして売買する取引。
一般的には15銘柄以上で1億円以上の大口の取引でおこなわれる取引手法で、大口の投資家がまとまった銘柄を買いたいまたは売りたい時に証券会社が執行コスト分を考慮して約定をおこなう。

 

 

お知らせ

 

すばトレ! オンライン先物取引

お問い合わせ先
call 0120-881-104

すばトレ!ログイン

各種ブラウザ対応 : HTML5版 (推奨環境
高性能チャートツール : Trading View 搭載

TOKYO PRO Marketといえばフィリップ証券