国債のリオープン方式とは

読み方: こくさいのりおーぷんほうしき

国債の発行に際して、既発債と同一のクーポン及び元利払期日を設定して、同一の回号(○回債という通し番号)を付与すことにより、発行時からその国債を既発債と同一銘柄として取り扱うもので、2001年3月から採用されています。この方式による発行の場合、後から発行される国債の最初の利払日には半年分の利子が支払われますが、実際の発行日から利払日までの期間は半年に満たないため、発行時の取得者が利払日の半年前から実際の発行日までの期間(未発行期間)の利子相当額を、経過利子として国に払い込みます。

 

 

お知らせ

 

すばトレ! オンライン先物取引

お問い合わせ先
call 0120-881-104

すばトレ!ログイン

各種ブラウザ対応 : HTML5版 (推奨環境
高性能チャートツール : Trading View 搭載

TOKYO PRO Marketといえばフィリップ証券