アルゴリズム・DMA・高速取引


English Avaiable.
フィリップ証券では、お客様のご要望に沿った、迅速、最適な注文執行の環境を提供致します。トレーディングにおける経験豊富なスタッフが、取引戦略のご提案やサポートを実施。日本株式、先物(OSE、TOCOM)等、幅広いプロダクトのお取引が可能です。TWAP注文、VWAP注文といったアルゴリズム取引トレードシステムを通じたお取引(DMA)をご検討の法人様はお気軽にお問合せ下さい。

用語解説

アルゴリズム取引

投資家の投資戦略に基づき予め構築されたプログラムによって、コンピューターが自動的に注文の数量やタイミングを判断して行う取引。

VWAP (売買高加重平均価格:Volume Weighted Average Price)

取引執行単価が売買高で加重平均した日中の平均価格に近付くように大口注文を分割して発注する取引手法である。また、取引時間中においては、それまでに取引された分の売買高を加味した加重平均の価格水準となる。

TWAP (時間加重平均価格:Time-Weighted Average Price)

取引執行単価が日中の平均価格に近付くように大口注文を分割して発注する取引手法である。

HFT (高頻度売買/高速取引:High Frequency Trade)

「アルゴリズム取引」のひとつであり、日本においては「高頻度売買」「高速取引」などと表現される。コンピュータでの自動的な株のやり取り・戦略を実施するシステムを指し、1秒に満たないミリ秒単位のような極めて短い時間の間に膨大な売買を行う。

 

お知らせ

 

TOKYO PRO Marketといえばフィリップ証券