お知らせ

お知らせ:お知らせ

【重要】FX証拠金規制への対応について

平成22年8月1日に「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」が施行されたことで平成22年8月1日(日)より、取引額の2%以上(最大レバレッジ50倍)の証拠金の預託を受けずに業者が取引を行うことを禁止するレバレッジ規制が実施されてまいりましたが、こちらが平成23年8月1日(月)より、取引額の4%以上(最大レバレッジ25倍)の証拠金の預託を受けずに業者が取引を行うことを禁止するレバレッジ規制へと引き上げられます。
そこで、フィリップFXでは、以下の通り証拠金額の算出方法を変更し、
レバレッジ規制に対応いたします。
個人のお客様が対象で、法人口座のお客様は変更はございません。

証拠金額算出方法の変更日

平成23年7月25日(月)

証拠金算出方法(1万通貨当り証拠金額)

各通貨の週間の最高値を基に1万通貨当たりの想定元本を算出し、その想定元本の4%金額の1千円未満の端数を切り上げた金額を証拠金額とします。
各通貨の証拠金額は、翌週初めに当社サイト上にてご案内し、翌々週の最初のお取引から最終お取引まで適用いたします。

計算例1:
米ドル/日本円の1万通貨当りの証拠金額
米ドル/日本円の週間最高値が81円10銭の場合
81.10×10,000×4%=32,400
よって、証拠金額は33,000円(1千円単位に切り上げの為)

計算例2:
ユーロ/米ドルの1万通貨当りの証拠金額
ユーロ/日本円の週間最高値が114円50銭の場合
114.50×10,000×4%=45,800
よって、証拠金額は46,000円(1千円単位に切り上げの為)

証拠金適用スケジュールのイメージ

以下に証拠金適用のイメージ(スケジュール)を表記します。ご参考下さい。※あくまでもスケジュールです。

日付 曜日 算定期間 周知期間 適用期間
1 【A】15(月)~20(土)に適用する証拠金基準額の算定対象期間    
2    
3    
4    
5    
6    
7      
8 【B】22(月)~28(土)に適用する証拠金基準額の算定対象期間 【A】15(月)~20(土)に適用する証拠金金額の周知期間  
9  
10  
11  
12  
13  
14  
15 【B】22(月)~28(土)に適用する証拠金金額の周知期間 【A】1(月)~6(土)に算出された証拠金金額の適用期間
16
17
18
19
20
21  
22   【B】8(月)~13(土)に算出された証拠金金額の適用期間
23  
24  
25  
26  
27  
28    

本件に関するお問い合わせは以下をご参照下さい。

サポート時間と問い合わせ先:
FXカスタマーサービス
受付時間:(月曜朝7:30~土曜朝6:30、夏時間時同5:30まで)
フリーダイヤル:0120-883-308

TEL:03-3595-3621 FAX:03-3595-3635
E-Mail :

ページの先頭へ戻る

Buzzurlにブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加 Twitter Yahoo!ブックマークに登録 イザ!ブックマーク RSS

TOPICS

  • Now Loading...
フィリップ証券ロゴ フィリップ証券株式会社
本店所在地:東京都中央区日本橋兜町4番2号 TEL:03-3666-2101
足利支店:栃木県足利市田中町32番地10 TEL:0284-73-1191
大阪営業所:大阪市北区天満1-5-2 トリシマオフィスワンビル501 TEL:06-6357-5500
本店別館:東京都中央区日本橋兜町4番3号 兜町ビル3階 TEL:03-4589-3300
金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第127号
商品先物取引業者 登録番号:経済産業省平成24・04・16商第7号 / 農林水産省指令24食産第725号
加入協会:日本証券業協会 / 一般社団法人 金融先物取引業協会 / 日本商品先物取引協会