【米国ウィークリー 2019年7月23日号(2019年7月22日作成)】“Beyond BYND(ビヨンド・ミートの向う側)”

 

”Beyond BYND(ビヨンド・ミートの向こう側)

  •  7/15以降の米国株市場は、主要企業の2019/4-6月期決算発表と7月末のFOMCに向けた利下げ期待の高まりを主な要因として動いた。4-6月期決算については、シティGCゴールドマンサックスGSJPモルガン・チェース・アンド・カンパニーJPMなどの金融株は市場予想を上回り、IBMIBMマイクロソフトMSFTは法人向けクラウドサービスが好調だった。しかし、米国成長企業の中でも高時価総額の「FAANG」の一角を担うネットフリックスNFLXが市場予想を大幅に下回る有料契約者数を発表したことから他の主要企業に対する決算への懸念が拡大し、7/18にNYダウで27,068ドルの安値を付けた。
  •  企業業績の先行きへの懸念を払拭したのは、7/18のNY連銀ウィリアムズ総裁の講演だった。FOMCの投票権を持ち、副議長も努めるウィリアム議長が「低金利で追加の景気刺激策の余地が少ない場合は、経済悪化の最初のサインが出た時点で素早く利下げするべきだ」と踏み込んだ発言をしたことが、5%pt利下げへの期待を高めた。今週は主要企業における4-6月期決算発表が本格化する。7/19に半導体の受託生産で世界シェア5割を占める台湾積体電路製造(TSMC)が決算発表で7-9月期に営業増益に転じる見通しを示して半導体関連株の買戻しを活発化させた流れが続くかどうかも重要なポイントとなろう。
  •  米国株のIPOの中でもビヨンド・ミートBYNDが5/2上場後、7/19終値79USDと公開価格25.00USDに対して7.1倍の上昇となっている。これは単に「ビーガン(菜食主義者)」向けの代替肉需要への期待の高まりには留まらない。食肉生産などの伝統的な畜産業に対して、地球で排出される温室効果ガスのどれだけを排出しているのか、地球上の水の使用によって土地がどれだけ干ばつや砂漠化に繋がっているかなどの地球環境保護の観点が意識されており、その背後に「ESG(環境・社会・企業統治)投資」マネーがあることも無視できない。産業廃棄物処理のウェイスト・マネジメントWMなど環境関連銘柄の中に株価パフォーマンスが良好なものが見られるのもその一例だろう。トランプ政権は「パリ協定」から離脱するなど地球環境保護に積極的とは言えないが、ESGを意識したグローバル・マネーは米国の政策動向にかかわらず米国株に投資している面もあろう。もし仮に2020大統領選挙で民主党候補者が勝利するならば米国の環境保護政策が一気に高まることが予想される。銘柄選択においてはESGの観点を取り入れることも重要となってくるだろう。(笹木)
  • 7/23号では、シティグループ(C)、Crowdstrike Holdings Inc(CRWD)、インテュイティブサージカル(ISRG)、マイクロソフト(MSFT)、フィリップ・モリス・インターナショナル(PM)、ユナイテッド・エアラインズHD(UAL)を取り上げた。

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率7/19現在)

■主な企業決算の予定

  • 7月23日(火):センティーン、フィフス・サード・バンコープ、エイブリィ・デニソン、キーコープ、キンバリー・クラーク、コカ・コーラ、パルトG、ハーレーダビッドソンバイオジェン、スタンレー・ブラック・アンド・デッカー、ユナイテッド・テクノロジーズ、ペンテア、テキサス・インスツルメンツ、インターパブリック・G、ロッキード・マーチン、トラベラーズ、パッカー、ラム・ウェストン・HD、チャブ、チポトレ・メキシカン・グリル、ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ、エドワーズライフサイエンス、ビザ、ファーストエナジー
  • 7月24日(水):アンセム、VF、アンフェノール、WWグレンジャー、サーモフィッシャーサイエンティフィック、ATT、ノーフォーク・サザン、ザイリンクスナスダックペイパル・HD、IQVIAHD、ネクステラ・エナジー、アレクシオン・ファーマシューティカルズ、DTEエナジー、TEコネクティビティ、ボストン・サイエンティフィック、ゼネラル・ダイナミクスノースロップ・グラマンユナイテッド・パーセル・サービス(UPSボーイング、フリーポート・マクモラン、ローリンズ、フリアーシステムズ、キャタピラー、ノーザン・トラスト、アライン・テクノロジー、フォード・モーター、テクニップFMC、バリアンメディカルシステムズ、エセックス・プロパティー・トラスト、フェイスブック、トーチマーク、シトリックス・システムズ、アメリプライズ・ファイナンシャル、レイモンド・ジェームズ・ファイナンシャル
  • 7月25日(木):アフラック、サウスウエスト航空、インベスコ、バクスターインターナショナル、コムキャストブリストル・マイヤーズスクイブ、バレロ・エナジー、ボルグワーナー、ニューモントマイニング、エアープロダクツ・アンド・ケミカルズ、ウエイスト・マネジメント、アレジオン、フォーティブ、インターナショナル・ペーパー、ハーシー、ハンチントン・バンクシェアーズ、ローパーテクノロジーズ、マスコ、エジソン・インターナショナル、バルカン・マテリアルズ、アラスカ・エア・G、LKQ、トラクター・サプライ、インテル、アメリカン・エレクトリック・パワー、ロックウェル・オートメーション、キムコ・リアルティ、アマゾン・ドット・コム、CMSエナジー、アメリカン航空Gレイセオン3MDow Inc、ベリサイン、ストライカー、ジュニパーネットワークス、アルファベット、プリンシパル・ファイナンシャル・G、レスメト、ユニバーサル・ヘルス・サービシズ、MGMリゾーツ・インターナショナルスターバックス、アーサー・J・ギャラガー、エクスペディア・G、SVBファイナンシャル・G、ファイサーブ
  • 7月26日(金):ジンマー・バイオメット・HD、エーオン、ツイッターマクドナルド、チャーター・コミュニケーションズ、ウェアーハウザー、コルゲート・パルモリーブ、フィリップス66、アッヴィ、イリノイ・ツール・ワークス

主要イベントの予定

  • 7月23日(火)

・FHFA住宅価格指数(5月)、中古住宅販売件数(6月)

英与党保守党が党首選の結果公表、ユーロ圏消費者信頼感指数(7月)

IMF世界経済見通し

 

  • 7月24日(水)

・特別検察官としてロシア捜査を率いたモラー氏、下院委員会で証言

・新築住宅販売件数(6月)

・ユーロ圏マネーサプライ(6月)、ユーロ圏総合・製造業・サービス業PMI(7月)

 

  • 7月25日(木)

・卸売在庫(6月)、耐久財受注 (6月)、新規失業保険申請件数(20日終了週)

ECB政策金利発表記者会見、独IFO企業景況感指数(7月)

 

  • 7月26日(金)

GDP2Q、速報値)

 

  • 7月27日(土)

・中国工業利益(6月)

(Bloombergをもとにフィリップ証券作成)

PDF版

 

 

留意事項
  1. 上場有価証券等のお取引の手数料は、国内株式の場合は約定代金に対して上限1.265%(消費税込)(ただし、最低手数料2,200円(消費税込)、外国取引の場合は円換算後の現地約定代金(円換算後の現地約定代金とは、現地における約定代金を当社が定める適用為替レートにより円に換算した金額をいいます。)の最大1.10%(消費税込)(ただし、対面販売の場合、3,300円に満たない場合は3,300円、コールセンターの場合、1,980円に満たない場合は1,980円)となります。
  2. 上場有価証券等は、株式相場、金利水準等の変動による市場リスク、発行者等の業務や財産の状況等に変化が生じた場合の信用リスク、外国証券である場合には為替変動リスク等により損失が生じるおそれがあります。また新株予約権等が付された金融商品については、これらの権利を行使できる期間の制限等があります。
  3. 国内金融商品取引所もしくは店頭市場への上場が行われず、また国内において公募、売出しが行われていない外国株式等については、我が国の金融商品取引法に基づいた発行者による企業内容の開示は行われていません。
  4. 金融商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、お取引に際しては、当該商品等の契約締結前交付書面や目論見書又はお客様向け資料をよくお読みください。

 

免責事項
  1. この資料は、フィリップ証券株式会社(以下、「フィリップ証券」といいます。)が作成したものです。
  2. 実際の投資にあたっては、お客様ご自身の責任と判断においてお願いいたします。
  3. この資料に記載する情報は、フィリップ証券の内部で作成したか、フィリップ証券が正確且つ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性又は完全性を保証したものではありません。当該情報は作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。この資料に記載する内容は将来の運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。
  4. この資料を入手された方は、フィリップ証券の事前の同意なく、全体または一部を複製したり、他に配布したりしないようお願いいたします。

アナリストのご紹介 フィリップ証券リサーチ部

笹木和弘プロフィール笹木 和弘
フィリップ証券株式会社:リサーチ部長
証券会社にて、営業、トレーディング業務、海外市場に直結した先物取引や外国株取引のシステム開発・運営などに従事。その後は個人投資家や投資セミナー講師として活躍。2019年1月にフィリップ証券入社後は、米国・アセアン・日本市場にまたがり、ストラテジーからマクロ経済、個別銘柄、コモディティまで多岐にわたる分野でのレポート執筆などに精力的に従事。公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員、国際公認投資アナリスト(CIIA®)。

 

アセアン・米国株、個別銘柄のリサーチレポート承ります
世界経済のけん引役と期待されるアセアン(ASEAN:東南アジア諸国連合)。そのアセアン各国で金融・証券業を展開し、マーケットを精通するフィリップグループの一員である弊社リサーチ部のアナリストが、市場の動向を見ながら、アセアン主要国(シンガポールタイマレーシアインドネシア)の株式市場を独自の視点で徹底解説します。

レポート・コメント提供の他、メディア出演依頼等はこちらから。お気軽にご連絡下さい。

 

お知らせ

 

フィリップ証券では現在中途中途採用を募集しております