外国為替(FX)

一目均衡表:チャートの種類・見方

FXチャート:一目均衡表の特徴
  • 一般的に順張り指標として利用されることが多い。
  • 雲が相場の下値支持帯となったり上値抵抗帯となったりする。
  • 雲が厚いと強い下値支持線、上値抵抗ラインとなり、雲が薄いと支持、抵抗が弱いと言われます。

一目均衡表は、基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンの5本の線で構成され、主な分析方法はとして以下のものがあります。

  1. 基準線は、相場の方向性を示すと言われ、基準線が上昇すると強気相場入り、下降すると弱気相場入りと考えられています。

  2. 基準線と転換線の交差が売買のサインと考えられています。
    転換線が基準線を下から上に突き抜ける事を「好転」と呼び、強気相場になったと言われます。逆に、転換線が準線を上から下に突き抜けることを「逆転」と呼び、弱気相場になったと言われます。

  3. 先行スパン1と先行スパン2に挟まれた価格帯を「雲」と呼び、下値支持帯となったり、上値抵抗帯となったりします。つまり、雲の上で取引されている場合は、雲が下値支持帯となり、雲の下で取引されている場合は上値抵抗帯となります。
    一般的に価格が雲を下抜けると「売りサイン」、雲を上抜けると「買いサイン」、雲の中で取引されている場合は方向性が定まっていないと考えられます。

  4. 遅行スパンは当日の終値を26日前にさかのぼって記入します。そこで、当日の価格と26日前の価格を比較することで、相場の強弱を判断する方法があります。
    つまり、遅行スパンが26日前の価格を上回る時は強気相場に転換、下回るときは弱気相場に転換と言われます。

ページの先頭へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加 Twitter RSS

ページの先頭へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加 Twitter RSS

TOPICS

  • Now Loading...
店頭外国為替証拠金取引「フィリップFX」は、金融商品取引法に規定される店頭金融先物取引です。店頭外国為替証拠金取引(FX取引)は、金利や通貨の価格の変動により損失が生ずることがあります。多額の利益が得られることがある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。元本あるいは利益を保証するものではなく、相場の変動によりお客様が差し入れた証拠金以上の損失が生ずる場合がございます。したがって、取引を開始する場合または継続して行なう場合には、取引の仕組みやリスクについて十分に研究し、自己の資力、取引経験及び取引目的等に照らし、ご自身の判断でお取引をしていただきます。

フィリップ証券ロゴ フィリップ証券株式会社
本店所在地:東京都中央区日本橋兜町4番2号 TEL:03-3666-2101
足利支店:栃木県足利市田中町32番地10 TEL:0284-73-1191
大阪営業所:大阪市北区天満1-5-2 トリシマオフィスワンビル501 TEL:06-6357-5500
本店別館:東京都中央区日本橋兜町4-3 兜町ビル3階 TEL:03-4589-3300
金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第127号
商品先物取引業者 登録番号:経済産業省20180404商第1号 / 農林水産省指令30食産第412号
加入協会:日本証券業協会 / 一般社団法人 金融先物取引業協会