日経225先物市場の動き - ワンポイントレッスン

弊社リサーチ部が先物オプション取引における主なニュースをピックアップして簡単に解説・コメント

雇用統計の注目ポイント~労働参加率と賃金上昇率

2017年02月02日 15:29

 2/3発表の1月の雇用統計では、労働参加率と賃金上昇率の動向が注目される。2/1、FRBはFOMCで想定通り利上げを見送り、政策金利を0.50-0.75%で据え置いた。ただ、同日発表された1月のISM製造業景況指数は56.0と市場予想及び前月水準を大幅に上振れた。FRBは消費者と企業の心理指標が改善しているとの認識を示している。
 米国の労働市場では雇用者数が増加し失業率も大幅に低下するなど改善が進んでいる。しかし、労働参加率(生産年齢人口に占める労働力人口)は約40年ぶりの低水準に留まっている。一方で、賃金上昇率は昨年12月に2009年以来の水準まで高まった。賃金上昇がインフレを高め、離職者を労働市場に呼び戻すトリガーとなる可能性もある。賃金上昇率と労働参加率のデータ次第では、3月以降のFOMCでの利上げ期待が高まることとなろう。

 

“雇用者数は増加が続き失業率はほぼ完全雇用の労働市場”

jobs

 

“注目される賃金上昇率と労働参加率”

statistics
経済指標カレンダー

世界経済の中で、国内外のマーケットは、様々な要因を織り込みながら日々動いていますが、経済指標発表時には特に市場に動きがあります。これから発表される各国の主要経済指標発表カレンダーを、前回の結果や予想そして実際の結果、指標の詳細や重要度もあわせて一覧表示しております。

最近のレッスン記事 アナリストコメント

アナリストのご紹介 フィリップ証券リサーチ部

笹木和弘プロフィール笹木 和弘
フィリップ証券株式会社:リサーチ部長
証券会社にて、営業、トレーディング業務、海外市場に直結した先物取引や外国株取引のシステム開発・運営などに従事。その後は、個人投資家として活動する一方、投資セミナー講師としても活躍。テクニカル分析を得意とし、以前よりTwitterで米国市場関係者のアカウントをフォローし米国市場動向にも詳しい。アセアン諸国に長期滞在経験もあり、実用タイ語検定3級資格を保有するタイ通でもある。2019年1月にフィリップ証券入社、日本・米国・アセアン市場をカバー。公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員、国際公認投資アナリスト(CIIA®)。

 

増渕透吾プロフィール増渕 透吾
フィリップ証券株式会社:リサーチ部
1991年栃木県生まれ。2016年に広島大学大学院社会科学研究科社会経済システム専攻修了。経済学修士。国内証券で個人営業を経験し、2017年10月にフィリップ証券入社。米国株日本株アセアン株をカバーしている。ファイナンス的アプローチや理論に沿った考え方、データを用いた計量的な検証を心がけている。公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員補。

アセアン・米国株、個別銘柄のリサーチレポート承ります
世界経済のけん引役と期待されるアセアン(ASEAN:東南アジア諸国連合)。そのアセアン各国で金融・証券業を展開し、マーケットを精通するフィリップグループの一員である弊社リサーチ部のアナリストが、市場の動向を見ながら、アセアン主要国(シンガポールタイマレーシアインドネシア)の株式市場を独自の視点で徹底解説します。

レポート・コメント提供の他、メディア出演依頼等はこちらから。お気軽にご連絡下さい。

 

お知らせ

 

TOKYO PRO Marketといえばフィリップ証券