よくあるご質問

よくあるご質問

Q1.両建て取引(同じ通貨ペアで同時に売りと買いのポジションを持つ取引)は可能ですか
A1.

可能です。しかし、以下のように経済的合理性を欠く恐れがありますのでご注意下さい。

1. 両建てポジションでは、一方が利益、他方で損失が発生する取引となりますので、お客様の利益につながらない可能性があります。

2. 売りと買いのコスト(スプレッド等)がかかります。

3. 双方のポジションにスワップ金利の受け払いが行われますので、支払いコストが発生する可能性があります。

4. 相場の急変時や流動性の低下時などにスプレッドが拡大する場合があり、その際には両建て状態であってもマージンカットとなることがあります。

Q2.買った外貨を受け取ることは出来ますか?
A2.

申し訳ございませんが出来ません。ポジションは、反対売買でのみ決済をしていただきます。

Q3.間違って注文を出してしまったのですが、取り消しは出来ますか?
A3.

未約定注文に関しましては、注文の取り消しが可能ですので、お客様が取引システムにログインして行うか、当社のカスタマーサービスまでご連絡下さい。なお、一旦成立したお取引は、お取引の性質上いかなる理由がありましても取り消すことは出来ません。このような場合は、お客様の勘定で反対売買により清算を行う以外に方法はございませんのでお取引の際には十分にご注意ください。
カスタマーサービス: 0120-286-085

Q4.電話で注文は出来ますか。
A4.

可能です。電話でのご注文を受け付けております。

Q5.流動性の低い通貨の約定について教えてください。
A5.

トルコリラを始めとする流動性の低い通貨は、取引可能レートが提示されない時間帯がございます。
この場合、成行注文が約定しないだけでなく、指値注文、逆指値注文も約定しません。
マージンカット(強制ロスカット)におきましても、取引可能レートが提示された段階で執行されます。従いまして、取引可能レートが提示されていない時間帯に大きく相場が変動した場合、意図しない価格で約定がなされるリスクがございますのでご注意下さい。

指値注文、逆指値注文、強制ロスカットは、以下の通り約定いたします。

指値注文 指値注文価格で約定します。
逆指値注文 取引可能レートが提示された段階で注文が執行され、そのときの時価で約定します。
マージンカット
(強制ロスカット)
取引可能レートが提示された段階で成行で決済注文が執行されます。時価で決済されますので、マージンカット水準を大きく下回る水準で決済がなされる場合がございます。状況によってはお預かりしている証拠金以上の損失が発生する場合がございます。その場合、発生した不足額はお客様にご負担頂きます。
Q6.口座状況、取引履歴報告書はどこで見られますか?
A6.

取引システム上でご確認いただけます。取引履歴報告書は、日次・月次などレポート表示期間を設定可能です。
アプリケーション版をお使いのお客様:取引口座にログインして頂き、取引画面上左上のタブ『取引報告書』を選択下さい。

ウェブ版をお使いのお客様:取引口座にログインして頂き、取引画面左上『表示』の『レポート』をクリックしてください。
参考:Wintrader マニュアル基本編

【注意事項】
緊急性の高い日次レポート以外はシステム稼動の安全性のため以下の時間帯にはご覧になることが出来ません。ご理解の程お願い致します。

  1. 夏時間帯(3月第二日曜日から):21時から翌1時
  2. 標準時間帯(11月第一日曜日から):22時から翌2時

デモのお取引の場合:

  1. 夏時間帯(3月第二日曜日から):20時から翌3時
  2. 標準時間帯(11月第一日曜日から):21時から翌4時
Q7.最少取引額はいくらですか?
A7.

1回の最少取引額は、1万通貨単位(1ロット)です。

Q8.取引手数料はいくらですか?
A8.

取引手数料は無料です。

Q9.初期預入金はいくらですか?
A9.

口座開設するには3万円以上のご入金が必要です。口座開設後にお客様用の取引システムへのログインやマーケットレポートの閲覧が可能になります。

Q10.大口取引の指値ルールはなんですか?
A10.

(1)
インターネット取引において、1回の成行注文でミニ口座501ロット以上のまとまった取引注文の執行を望む場合、電話取引のみとさせていただきますので、FX先物事業部カスタマーサービスチームまでご連絡ください。

(2)
A ミニ口座500ロットまでは、同一レートでの指値注文を設定ができます。
B ミニ口座501ロットから1000ロットまでの指値注文は、Aで設定した指値注文レートからさらに50pips離したレートでの設定とします。
C ミニ口座1001ロット以上から1500ロットまでの指値注文に関しては、Bで設定した指値注文レートからさらに 50pips離したレートでの設定とします。
(※pipは値動きの最低単位、上記50pipsはドル円であれば5銭に相当)
大口取引

Q11.証拠金と保証金の違いを教えてください。
A11.

外国為替証拠金取引では証拠金と保証金は同義に使われています。当社では証拠金を使っています。

Q12.ポジションヘッジとは何ですか?
A12.

売りと買いを両建てで持つことです。

Q13.マージンカット(強制ロスカット)について教えてください。
A13.

外国為替証拠金取引では、相場が予想に反し逆に動いた場合、大きな損失を被るリスクが常に存在しています。
そこで、一定以上の損失が発生した段階で、強制的にポジションを決済するロスカットルールを設けています。
当社の場合は、証拠金の総額(残高)が使用証拠金の100%を下回った段階で、強制的に全てのポジションを決済するというロスカットルールを採用しています。
また、残高から使用証拠金を差し引いた金額が可能証拠金として計上されており、「可能証拠金がゼロ以下になった場合」にも上記の「残高が使用証拠金の100%を下回った」ことと同じであるため、残高比率または可能証拠金どちらかを目安にお取引を行うとわかりやすいでしょう。
ただし、相場の状況やその他の事象により証拠金以上の損失を回避できない場合もございます。その際は損失分をお客様によってご清算頂きます。

Q14.口座開設費用や年会費、口座管理費などはかかりますか?
A14.

一切必要ありません。ただし、証拠金入金時の銀行振り込み手数料は、お客様負担となります。また取引報告書の郵送をご希望の場合1通につき税込み315円の事務手数料が必要です。

ページの先頭へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加 Twitter RSS

ページの先頭へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加 Twitter RSS

TOPICS

  • Now Loading...
フィリップ証券ロゴ フィリップ証券株式会社
本店所在地:東京都中央区日本橋兜町4番2号 TEL:03-3666-2101
足利支店:栃木県足利市田中町32番地10 TEL:0284-73-1191
大阪営業所:大阪市北区天満1-5-2 トリシマオフィスワンビル501 TEL:06-6357-5500
本店別館:東京都中央区日本橋兜町4番3号 兜町ビル3階 TEL:03-4589-3300

金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第127号
商品先物取引業者 登録番号:経済産業省20180404商第1号 / 農林水産省指令30食産第412号
加入協会:日本証券業協会 / 一般社団法人 金融先物取引業協会 / 日本商品先物取引協会